So-net無料ブログ作成
検索選択

Kenko NEW KDS マウントII [撮影機材]

100130_kds1.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F3.5 - 1/100) ISO200 AWB

新投入したケンコーNEW KDS マウントII です。ヨドバシカメラで 16,800円(10%ポイント還元でした)

100130_kds3.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F3.5 - 1/125) ISO200 AWB

NEW KDS マウントは、もともと天体用の製品だったのですが、これはデジスコをターゲットにジンバル雲台風に改良されたモデルです。その仕組も操作感もジンバル雲台とまったく同じです。

100130_kds2.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F3.5 - 1/125) ISO200 AWB

これまで活躍してきた究具01もジンバル雲台であり、特に不満があったわけではありません。それでは、なぜここにきてシステム変更を余儀なくされたのか・・・それは微妙な構図調整が簡単に行える、この雲台独自の仕掛けが必要になったからです。

100130_kds4.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F4.5 - 1/80) ISO200 AWB

この2つのノブがその仕掛けです。微動装置といって、これを回すことにより左右もしくは上下方向へ微妙にパーンさせる事ができます。1,000mm を軽く超えるデジスコの場合、パーン棒での構図微調整は行き過ぎたりして意外と難しいのですが、それがこの装置で簡単に行うことができます。AF枠が中央1点固定な PowerShot S90 ですが、これで思い通りに構図調整ができるようになりました。

100130_kds5.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F4.5 - 1/100) ISO200 AWB

安価なジンバル雲台ですが、デジスコで使用する場合はちょっと工夫が必要です。まずマウントですが「ビクセン互換アリミゾ」という天体用の規格となっており、別途専用プレートを用意しなければなりません。今回入手したアリミズプレートは、Nikon ED82ヒップサポートの取り付けを考慮した特別仕様です。長さは 170mm です。

100130_kds6.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F4.5 - 1/100) ISO200 AWB

そしてデジスコで必要なパーン棒ですが、このアリミゾプレートに接続できるパーツで対応しました。これまで使用していた軽量パーン棒がそのまま取り付け可能です。ただし究具01の場合、パーン棒は支点付近に接続されていたため、この方式ですとちょっと長い感じです。実際に持ち運び中、パーン棒の先がやたら何かにぶつかってしまいました。

100130_kds8.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F4.5 - 1/100) ISO200 AWB

フリクション調整ノブは、スラストベアリングを使用したツーピース構造のノブに交換しました。これにより標準品で気になったガタが抑制され、さらになめらかでスムーズなフリクションになり操作がより快適になりました。私はやや重めなフリクションが好みなのですが、希望に合わせて調整することができます。

100130_kds7.jpg
D300 - Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D / M(F4.5 - 1/160) ISO200 AWB

先日さっそく公園で試運転してみましたが、AF後の構図調整が格段に楽になりました。しかし良いことばかりではありません。これまでのセットと比べ、重量が500g程度増加してしまいました。結構肩が重いです。軽量装備で行きたい場合は、これまで通り究具01でと使い分けるかもしれません。

※購入時の注意
安価で高性能なジンバル雲台ですが、一つ落とし穴があります。この製品で最も重要な微動装置ですが、その微動ノブのトルク感にバラツキがありました。実際、最初に購入したものは、上下微動ノブが異常に固く、逆に左右微動ノブがユルユルでした。翌日、お店の在庫品を確認しましたが、回すとカタカタ音がするものや途中で引っかかり感があったりと、どれもこれもバラバラ。結局、その中から一番ナチュラルなものを選ばせて頂きました。微動装置を使わなければ気にしなくても良いですが、特に通信販売で購入する場合は注意が必要です。


nice!(44)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 44

コメント 21

よっちゃん

微動ノブ、以外と使うんですよね♪
私のシステムはKDS改ですが、この雲台にしてから撮影枚数が増えました♪
by よっちゃん (2010-02-02 00:24) 

Baldhead1010

私も使ってます^^
by Baldhead1010 (2010-02-02 05:56) 

SilverMac

良い絵を摂るには、道具選びも大変ですね。
by SilverMac (2010-02-02 06:05) 

kichi

機材がかっこいいですねー^^
by kichi (2010-02-02 06:58) 

ころくま

意外と安いんですね。 使ってみようかな~。
by ころくま (2010-02-02 07:21) 

achami

腰には気をつけてね〜!
by achami (2010-02-02 11:33) 

puma

カッコイーですね♪でも担ぐのが大変そうです~
by puma (2010-02-02 11:45) 

くまら

デジスコは、やってみようと思うんですが、
やはり敷居が・・・
三脚もそうですが、フィールドスコープが欲しくなっている今日この頃^^
by くまら (2010-02-02 13:15) 

ジョルノ飛曹長

これは嬉しい微調整が出来ますねー。
私もこの微調整が出来なくて500mmの時は苦労しています。
ちょっと動かしただけで、ググッと構図が変わってしまうので、普通の三脚では厳しさを感じています。
by ジョルノ飛曹長 (2010-02-02 16:10) 

taka

道具選びは大切ですね!
私は割と安物買いの銭失いっぽいです。(^^;)
by taka (2010-02-02 20:36) 

みみちゃん

こんにちは!!
いや~、毎度のことながら……みつなりさんの記事は、本当に勉強になります!!
by みみちゃん (2010-02-02 21:26) 

littleducks

これは、すごい。いいですね。
by littleducks (2010-02-02 22:39) 

MIYABI

意外に安いんですね。
一眼も着くんですか?(←知識不足ですいません)
by MIYABI (2010-02-02 22:51) 

プラス

私も使っていますが、やはりガタに悩んでいます。
「フリクション調整ノブは、スラストベアリングを使用したツーピース構造のノブに交換しました。」この部分について、もう少し詳しく教えてください。ググってみたところ、ロシア語のページがでてきて、申込先や金額がよく分かりませんでした。
by プラス (2010-02-02 23:56) 

旅爺さん

カメラも益々機械化してるように思いますね。
この先どう変貌していくんでしょう?。
by 旅爺さん (2010-02-03 07:08) 

aya

結構がっちり付いていますね、これだけしっかりしていたら
ぶれないですね♪
by aya (2010-02-03 20:43) 

としぽ

おはようございます。
ジンバル雲台使い易そうですね。
by としぽ (2010-02-04 10:33) 

silverag

これ、気になってたのですが
三脚嫌いの私には必要ないか・・・
by silverag (2010-02-07 01:39) 

こけもも:

あれ、この記事気づいて無かった。
以前はKDS運台を改造してデジスコ用にする必要があったんですよね。専用プレートの値段を考慮しても全然お安い気がします。
by こけもも: (2010-08-21 00:59) 

ユンソナ

お久しぶりです。
プレートもノブも綺麗に作られていますね~
最近ミラーレスカメラで再テストを行っていますが、VA3などを使うと慣性重量が増すためかジンバル雲台では強度が足りずにユラユラとブレが生じます。
そこでKDS改(私はプレートはベルボン用に改造)を利用していますが、硬性が高くGOODです。
欠点はやはり三脚まで含めた重さでしょうか・・・


by ユンソナ (2011-11-11 09:57) 

KEN

すみません。こちらのアルミのアリミゾプレート(パーン棒の取り付け金具含む)はどちらで購入できるのでしょうか?
by KEN (2014-03-12 12:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。